2017年2月27日

オリーブマーケット開催‼そして…⁉

こんにちは、オリーブです。
明日2/28は、毎月恒例のオリーブマーケットです。
皆様、お誘い合わせの上、名古屋市北区中丸町中丸団地3棟103号までお越し下さい。
なぜならば、明日のオリーブマーケットが今年度最後となります。
という事で、最終処分、衣料品から食品、雑貨に至るまで、
もってけドロボーの大、大、大特価で皆様のお越しをお待ちしております。
そして、しばらくの間、オリーブマーケットは充電期間に入らせて頂きます。
皆様にもっとうれしく、もっと楽しんでいただく為に、
新しいオリーブマーケット(仮)の準備に入らせて頂きます。
まずは明日2/28 10:00~14:30
商品売り切り総ざらえ致します。
是非お越し下さい。
IMG_3061※今回のオリーブマーケットと写真には特に関係はありませんが、これぐらい楽しいという意味です。

2017年2月24日

トラゴンズ情報

明日から沖縄でオープン戦が始まります。

吉見は練習試合で投げました。五連勝だ。

伊藤投手けがは直ったし平田と岡田を除いて全員頑張って

ゲレーロはホームラン打ったしせっこうしょうだ

今年こそは優勝だー

直倫

またグランパス

2017年2月21日

『特定非営利活動法人ポパイ ガイドヘルパー養成講座』開催のお知らせ

2017年3月に『特定非営利活動法人ポパイ ガイドヘルパー養成講座』を開催します。

この講座は名古屋市移動支援従業者養成研修事業者指定要綱の規定に基づき事業者登録を受けて実施するもので、修了された方には移動支援従業者養成研修(知的障害者支援)課程の修了証明書を交付いたします。また、当法人の移動支援事業「かんがるーぽけっと」など名古屋市内の移動支援事業者のガイドヘルパーとして登録、働くことも可能となります。

この機会にぜひ、3日間の講義・実習で取得できるガイドヘルパー資格の取得をご検討ください。

◆研修日程  講義:2017年 3月12日(日)、19日(日)、演習:3月20日(月・祝)
◆場  所  講義:NPO法人ポパイ/アトリエ・ブルート(生活介護)
名古屋市北区長喜町3-5-2
演習:NPO法人ポパイ/オリーブ(生活介護)(詳細は研修時にお知らせします)
◆受講料   10,000 円(テキスト代、演習にかかる交通費含む)
◆受講資格  概ね65歳以下で、講座終了後に知的障がい者の移動支援(ガイドヘルプ)サービスとして活動できる方、および、研修日程すべて受講可能な方
◆募集定員  20名 ※3月10日(金)まで募集しますが、定員になり次第締め切ります

◆カリキュラム
<3/12(日)>
9:00-10:00
障害者(児)の心理 (阿部和也(社会福祉士))
10:10-12:10
移動介助の基礎知識 (阿部和也(社会福祉士))
13:10-15:10
障害・疾病の理解(1) (小川真紀(名古屋市発達障害者支援センター・ソーシャルワーカー))
15:20-17:20
障害・疾病の理解(2) (小川真紀(名古屋市発達障害者支援センター・ソーシャルワーカー))

<3/19(日)>
10:00-12:00
ホームヘルプサービス概要 (山口司(介護福祉士・社会福祉士))
13:00-14:00
ガイドヘルパーの制度と業務 (山口司(介護福祉士・社会福祉士))
14:10-15:10
ホームヘルパーの職業倫理 (山口司(介護福祉士・社会福祉士))
15:20-17:20
障害者(児)福祉の制度とサービス (廣瀬美由紀(介護福祉士・社会福祉主事))

<3/20(月)>
10:00-12:00
移動介助の基本技術 (山口司、阿部和也、山口未樹(社会福祉士・精神保健福祉士))
13:00-17:00
移動介助の基本技術 (山口司、阿部和也、山口未樹)

 

◆お申込方法
・『ガイドヘルパー養成講座案内・申込書』の申込書に記載の上、FAXもしくは郵送でお送りください。
案内・申込書(wordファイル)
案内・申込書(pdfファイル)
・お電話でお申込みの方は、052-508-9035(ガイドヘルパー養成講座担当)宛てにご連絡ください。

◆支払方法
事前振込(申込から1週間以内)をお願いしています。振込先はお申込時にお伝えします。

◆申込期限
3/10(金)

2017年2月17日

ジネンカフェに出店します。

こんにちは。今日の名古屋は小雨ですが暖かく春を感じます。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

さて、MO-YA-CO UNIQUE PRODUCT!では明後日2/19(日)に

『ジネンカフェ拡大版』に出店します。

心を込めて丁寧に作られたお菓子を販売します。

以下はジネンカフェのブログから引用しました。どうぞご覧ください。

日曜日の午後に皆さまとお会いできることを楽しみにしております。

 

IMG_8309 IMG_8330 IMG_8332 IMG_8335 IMG_8346

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~違いは個性、多様性の中で光る個性―自己と他者、みんな違って、みんないい~

日時:2017年2月19日(日)13:00~16:30

http://www.crayon-box.jp/kokuchi/jinen-cafe/jinencafe_vol-111.htm

ブラザーコミュニケーションスペース(名古屋市瑞穂区塩入町5-15)

イベント

第1部 パネルトーク
第2部 ワールドカフェ

私たちは平成19年から障がいの有無に関わりなく、誰もがありのままに生きられる真のノーマライゼーション社会の実現をめざして活動を続けてまいりました。ひとが社会の中で生きていくには、世の中には様々なひとがいて、ひとりひとりがその成長と共に育んできた個性や価値観こそ尊いものであることを学ばなければいけません。違いがあるから、多様性の意義も出て来るのです。障がい児に対する療育にもマニュアルなどはなく、その子どもの特性にあわせた対応が求められています。しかし、それは健常児における子育てや教育のあり方にも通じるものがありましょう。今回のジネンカフェVOL.111では、子育てや教育の現場で活躍されている方々をゲストにお招きして、障がいの有無に関わりなく、子どもの特性に応じた子育てや教育の必要性を学びます。その後ワークショップにおいて、参加者の皆様と「多様性の中で光る個性」の大切さを更に深めて行きたいと思います。


パネルトークゲスト

加藤博子さん(春日井市保育園施設長)

幼稚園、保育園の現場を20年勤務後、保育養成校(短期大学、専門学校)の教員となる。3つの新設保育園立ち上げに関わり、現在春日井市保育園施設長を務める。大学で「保育の魅力」講演会や保育者向けアクティブラーニング中心の研修会を実施することで「人権を大切にした保育の質の向上」を唱えている。

竹内由美子氏(NPO法人じゃんぐるじむ 理事長)

高校3年生と2年生の二人の男の子の母親。次男の楽登くんは知的障がいを伴う自閉症で三好特別支援学校高等部に在籍。診断当初はA判定だったが、8歳の冬に突然言葉がでてB 判定に。『目指すはIQ(知能指数)の向上ではなく、QOL(生活の質)の向上!』を合言葉に切磋琢磨の日々を送る。2005年5月にじゃんぐるじむを立ち上げ、2011年5月NPO 法人格を取得。現在は支援事業として日中一時支援事業j クラブ、放課後デイサービスJ class、地域活動支援センターじゃんぐるじむwonder・juku の3事業所を運営。当事者として必要な事業を今後も展開していく予定。

加藤真理子氏(社会福祉法人 浜松市社会福祉事業団 相談支援員)

社会福祉法人 浜松市社会福祉事業団 浜松市発達医療総合福祉センター 相談支援事業所シグナル 相談支援専門員。前歴は知的障害者入所更生施設から始まり、知的障害児者の余暇支援、就労支援、ケアホーム世話人、ベビーシッター、児童発達支援センター保育士など様々。仕事以外に、障害者のアートや製品を紹介する団体OTSUに所属。2015年にフィンランドにて展示会を行う。とにかくモットーは「思い立ったが吉日」まさに感覚で生きている人間。人と人とが関係することに最も興味を持っており、それが自分の原動力であり、ライフワーク。

参加費:1,000円(ドリンク1杯込)

定員:50名

申し込み先・お問い合わせ

まちの縁側育くみ隊 大久保 (mail:jinencafe@yahoo.co.jp  専用アドレス)

くれよんBOX(電話 052-733-5955/FAX 052-733-5956)

こちらからも参加申し込みできます

申し込み締め切り:2016年2月12日(日)

主催・共催:NPO法人まちの縁側育くみ隊/NPO法人くれよんBOX 


後援:愛知県、愛知県教育委員会、名古屋市、名古屋市教育委員会、愛知県社会福祉協議会、名古屋市社会福祉協議会

ブラザー工業株式会社(会場提供)

 

 

2017年2月17日

ドラゴンズ情報

練習試合は今の三連勝中だ。

又吉と福谷が先発に入れば投手王国まちがいなしだ。

もうすぐオープン戦だ。

ドラゴンズ優勝だあー

皆でドームへ行きたいな

 

 

2/28オリーブマーケット開催します。

皆来てね。