Translate

モーヤーコ(就労B型事業所)の記事一覧

2020年1月9日

★ハハトコマーケット出店します★

★ハハトコマーケット出店します★
今年最初の3連休は、名古屋駅南の新しい複合施設『グローバルゲート』にて「ハハトコマーケット」が開催されます!
mup!も13日(月・祝)のみですが出店いたします。新商品「チーズクッキー」もお目見えしますよ~
因みにモーヤーコスタッフの一押しは「てとてと」だそうです★
この日は童謡ディスコというワークショップが開催されるとか。童謡DJ、楽しそう!お子さん連れでぜひお越しください。

2019年12月19日

★クリスマス🎄お正月🎍★

師走は何かと慌ただしいですね。
モーヤーコではクリスマス・お正月シーズンに合わせた商品もご用意しております。

クリスマスには、マダガスカル産のフェアトレードチョコレート&ココアをふんだんに使用した濃厚なブラウニーはいかがですか?日持ちもしますので、親しい方への手土産やちょっと贅沢なおやつにもぴったりです。おかげさまでたくさんのご注文を既にいただいておりますが、店頭でも扱っております。ご注文を頂ければ、追加で製造も可能です。


お正月にはモーヤーコお手製のしめ縄を★ひとつひとつ手づくりで、真っ白な縄にカラフルなフラワーモチーフが映えます🌸
一つ一つ表情が違いますので、あなたのイメージにぴったりなしめ縄を見つけに、お店にぜひいらしてくださいね。


 

 



2019年12月19日

★柚子!柚子!柚子!★

12月22日は冬至ですね。
冬至にゆず湯に入ると風邪をひかないと言われています。
ゆず湯はあったまるだけでなく、果実酸のおかげでお肌もつるつるになるのです!
モーヤーコの店頭にはゆず湯に最適なサイズのものだけでなく、鬼ゆずもどかんと並んでいますよ。最近テレビでも紹介されたようなので、ご存じの方も多いのでは。
鬼ゆずは別名獅子ゆずともいい、実が大きいことから実入りが大きい→千客万来の縁起物、獅子や鬼は邪悪なものを排除することから縁起物といわれているのだそうです。モーヤーコクッキーと比べてもこの大きさ!実物をぜひ店頭まで観に来てくださいね。もちろん販売もしております。
寒さ本番のこの季節、からだもしっかり温まってよいお正月に備えましょう。


 


 

 


 

 



 

2019年11月26日

MO-YA-CO米としめ縄販売中です!

今年もみんなで植えた田んぼのお米が無事、収穫されました★

MO-YA-CO UNIQUE PRODUCT!の店頭でも販売していますよ~精米と玄米をご用意しています。

無農薬の自然栽培米、新年のご挨拶に、お持たせでいかがですか?

 

また、お正月が近づき、モーヤーコではしめ縄飾りの作成もすすんでいます。

ひとつひとつ、丁寧に手作業で作っていますので、大量生産はできませんが、こちらも販売しております。是非店頭へお越しください。

新年を新たな気持で迎えたいですね。皆さんは年末年始をどのように過ごされますか?

 

2019年11月15日

明日は障害者ワークフェアに参加します!

週末も穏やかなお出かけ日和になりそうですね。

明日、11月16日(土)は愛知県国際展示場で開催される「障害者ワークフェア2019」に参加します!

https://www.jeed.or.jp/disability/activity/education/q2k4vk00000268lo.html

モーヤーコのお菓子の販売に加えて、アトリエ・ブルート所属のアーティストたちの作品展示も行います。

更に!14:30からはウゴクカラダも出演します。

広々とした会場で今搬入作業を行っています。ポパイはD-10、特別企画のブースでお待ちしています★

障害者ワークフェア2019 愛知県国際展示場Cホール(愛知県常滑市セントレア5丁目、中部国際空港直結徒歩5分)

9:00~17:00(ウゴクカラダ出演時間:14:30~14:50)


 



 


 

 

2019年10月18日

岡田芸術祭

20191018_岡田芸術祭
今日から20日(日)までの3日間、岡田の街並全域で、アートや食を楽しむ岡田芸術祭&岡田村フェスが開催されています。
知多市及び、知多半島内の障害のある人の芸術作品と、知多半島にゆかりのあるアーティストの芸術作品が
岡田の古民家を舞台に展示される岡田芸術祭は、あいちアール・ブリュットのパートナーシップ事業です。

オリーブのご利用者さんと一緒に来ています!素敵な作品がたくさん、創作意欲が刺激されます。
19日に同時開催される岡田村フェスでは、岡田で作られている美味しい地ビールや
ドイツソーセージを味わうこともでき、映画の上映や、DJによる音楽を楽しむこともできます。
いつもと違った町の雰囲気を味わえる岡田芸術祭&岡田村フェスに皆さまもぜひお越しください★

2019年10月18日

★モーヤーコ感謝祭最終日★

秋雨が心地よくも感じられる今日ですが、季節の変わり目は体調を崩しやすいので皆さまお気をつけくださいね。

さてモーヤーコ移転半年を記念して開催しておりますモーヤーコ感謝祭、本日が最終日です!

パウンドケーキ、焼き菓子(一部)が30%~50%offと、たいへんお値打ちになっています★

是非この機会をお見逃しなく!

出来上がったばかりのプリン・シュークリームもこのあと店頭に並びます。

10時開店、皆様のお越しをお待ちしております!

2019年10月16日

MO-YA-CO感謝祭★★★

モーヤーコが今の北区滋賀南通に引っ越してはや半年が経ちました。

おかげさまでご近所・地域の方にも多く足をお運びいただいています。

新しいお客様との出会いは嬉しく、顔なじみの方がいらっしゃった時は心強く。

 

今日から3日間、感謝の気持を込めてモーヤーコ感謝祭を実施しています!

店舗のお菓子を30%~50%オフで販売しております★(ごく一部対象外商品がございます、ご了承ください。)

今週金曜日までの限定企画、17時までオープンしています!このチャンスを是非お見逃しなく。

2019年10月10日

三越へGO!!!

週末大型台風が接近しているようで、お天気の動向が気になりますね。どこへ出かけようか予定の調整も気になるところです。

 

昨日から名古屋三越栄店で始まりました「食品オールスター」。61店舗参加のこの催事、こちらにモーヤーコも出店しております!


 

食品の催事としては、同店で過去最大規模ということです。牛ロースステーキ弁当にウナギのおこわ、栗もんぶらんやタピオカと豆腐を使ったデザートなどなど、他のお店の商品も気になるところですが、皆様是非お友達や家族とお誘い合わせのうえお越しくださいね!


 

 

今朝の中日新聞でも紹介されています!連休最終日まで開催しています(最終日は午後6時まで)。

ポパイ職員が日替わりで担当しています。皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

2019年6月24日

新商品「玉ねぎクラッカー」

みなさん こんにちはマイケル・ヨダーレです。

僕が紹介するお菓子は「玉ねぎクラッカー」という美味しそうなネーミングのお菓子です。

みなさん 玉ねぎといえば涙ですね。

玉ねぎを切ると涙がポロポロでますが、玉ねぎクラッカーを見ても涙は出ません。

 

※ここからは、ご本人による玉ねぎクラッカーを使ったフィクションです。ご注意ください。

 

その伝説は今から400年前、ココアミソという牢屋に足風(あしかぜ)マンという男が捕まったのが「玉ねぎクラッカー」の始まりなのです。奴は秘密のレシピEを持っていて、それを元に玉ねぎ料理を沢山編み出した。

足風マンが牢屋で編み出した品々は100種類

その中から一番の道徳的メニューが「玉ねぎクラッカー」なのです。

他にもルナが食べた「玉ねぎEXダーリングマンデー」というサルキング的なガトリング商品も足風マンが作ったお菓子です。

クリゴンが死ぬ前に食べたという「エヴァンEX玉ねぎジャイアン」は食べた瞬間クリゴンは結局ナメコになって助かったと新聞の記事にも出ていました。

他にはタルで漂流したジカン・テプラという若者が趣味で描いている女性の自画像を谷に落とそうと思ったが、足元に「クレスト玉ねぎジャガー」が落ちていて それを食べたら猫が飼いたくなったと報告されています。

他にはソウルパパが野球の試合前に食べて見事ホームランを打ったという「サイドン・キラー玉ねぎクッキー」は最高級の一品です。

他にはチャウダー・レジェンドズという探検家がおやつ変わりに食べたという幻の一品「ダルメタルリング玉ねぎクラッカー」は世界中探しても36個しか販売されてません。

今思えば、足風マンという男は、なんて道徳的なんだろうと人々は感謝感激である。

他にもヤンヤン村の村長「タイコノ」がヤジロベーとタカシのケンカを防ぐため2人に「外国玉ねぎX」を食わせて中を良くしたと新聞に出ています。

他にもダーリングマンデー騒動がジリジリ村であった夜、突き立ての「しょうゆテッカテッカ玉ねぎライス」が覚醒して、「ジョン時代アーサー玉ねぎDX」が生まれたことは記憶に新しい。

他にもかつてシャリン・アーサーがナタデ島でキング・マンデーと戦って引き分けになった時に2人で仲良く食べたという「ウェルカム・玉ねぎクラッカーEX」

他にはスコット島でウィリアル・マンデーが運動会をメチャメチャにするために食べたというクラッカーの名は「キングダム玉ねぎXクラッカーⅡ」である。

そもそも「キングダム玉ねぎXクラッカー」とは無数に広がる宇宙の中の満ちの惑星「ニコル」に生えている雑草から取れた未知なる成分「ねるねる」をテーマにした勇気あふれるお菓子なのだ。

ⅡもあればⅢもある。

Ⅲはタルタイガー諸島に君臨するジャンゴという男が毎晩食している。

 

………。

 

と、ここまで書いたところで、マイケル・ヨダーレは文献を広げすぎて力尽きてしまいました。

続きはまた次回(…あるだろうか)。

 

とにかく、玉ねぎクラッカー、新発売です。

自然栽培で作られた玉ねぎをふんだんに使用したしっかりとした歯触りの商品です。

価格は216円。

是非、お楽しみください。